秋山莉奈、「電王」初日に涙を封印!

秋山莉奈、「電王」初日に涙を封印!
「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ」が6月19日、全国216スクリーンで封切られ、主演の戸谷公人、秋山莉奈、声優を務める遊佐浩二、てらそままさき、鈴村健一、柴崎貴行監督が、神奈川・横浜ブルク13で舞台挨拶を行った。イマジンが憑依(ひょうい)した海東大樹(戸谷)が電王のパスとデンライナーを強奪。仮面ライダーG電王に変身する時間警察の黒崎レイジ(古川雄大)が、大樹を追う。やがて明かされる2人の悲しい過去とは?戸谷は客席から沸き起こる大歓声に「正直、皆さんの反応が気になっていましたが、大満足です」と興奮した様子。「ディケイドで僕の出番は終わったと思っていたので、現場に戻ることができてうれしい。まあ、冬のクランクアップ(『仮面ライダー×仮面ライダー/W&ディケイドMOVIE大戦2010』)で大泣きしてたんで、2カ月くらいで戻ってきちゃって恥ずかしかったですけど」とシリーズ復帰に照れ笑いを浮かべた。デンライナーの乗務員ナオミを演じる秋山も、「またデンライナーに乗れてうれしい。私は舞台挨拶のたびに泣いちゃうんですけど、いつかまた(デンライナーに)乗れると思うので今日は泣きません!」と涙を封印。自身が特殊メイクで変身するシーンを「もっと気持ち悪いものになると思っていたけど、スタッフさんが『ナオミちゃんだから、気持ち悪くはできないなあ』って言ってくれて」。これに対し、戸谷が「俺だったら、もっと気持ち悪くしちゃうけど」と語ると、「ドSですね」と切り返した。「超・電王」シリーズ史上初の試みとして、「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル」(5月22日公開)、「EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」(6月5日)、そして「EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ」と3本の新作が東映配給で連続公開されている。「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ 」の作品情報はこちら
家電俳優・細川茂樹が仮面ライダーに続いて演じる新ヒーローとは?
桜田通「超電王」初日に大興奮! 史上最長タイトルでギネス申請も?

「商いは数でこなせ」という言葉がありますね。
商売は薄利多売が本道であるということ。利益は少なくして、たくさん
の数を売るのがコツだという教えらしいですね。
でも今では昔では考えられなかったような業種もありますからね。。
一概にはあれですよねー。何はともあれ昔の教訓は聞くべきですよ!


PICKUP
安心の調査力

さまざまな種類の占い

女の子のための懸賞

美肌の維持にコエンザイムQ10

保険を見直すなら

レーシックで視力回復【滋賀】

アメリカンラガー

岐阜で探す顧問税理士/税理士事務所

失踪した愛犬を見つけたい

黒糖焼酎 里の曙


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます